交通事故でむちうちなどの痛みは接骨院でも通って施術できることご存じですか?

【もし交通事故の被害にあってしまったら】

1.まずは警察に人身事故の扱いをしてもらいましょう

「事故直後はよかったけど後でいたくなってきちゃって...」と物損だけで示談した後に嘆く患者さんも過去に少なくありません、あなたのお身体のためにもしっかり手配しましょう。

2.病院に行き検査を受けて診断書をもらう。

接骨院にはレントゲン等画像診断機械はございません、医師の検査と診断を受けておくと保険会社との連絡もスムーズです。
この際保険会社から健康保険併用でと言われることもありますがその場合痛み止めやシップを受診時もらってしまうとある一定期間経過観察となり厳密には接骨院にはかかれなくなります。
(事実過去の経験からそのようなケースがありました。)
ご自身のお身体のためにも選択肢をせばめる事はないと思いますので健康保険を使っての施術は個人としてはあまりオススメしません。

3.保険会社に以下のことを伝えましょう。

・保険契約者名
・事故発生の日時、場所
・事故発生時の状況、原因
・相手の住所、氏名、連絡先
(あれば目撃者の住所、氏名、連絡先)
・証券番号(登録番号)など
・事故車の登録番号
・けが、損害の程度
・届け出警察署名

4.そのまま病院に通院

それも、もちろん良いのですが...

『仕事で遅くて病院が閉まってる...。』

『シップと電気じゃ中々良くならないかな...。』

『ムチウチって言われたけどもっと良くなる方法ないかな?』

など不安に思われたなら...

交通事故の患者様を過去何度も担当した経験から
交通事故に対応した施術のある
「たかぎ接骨院」で施術を受けて通ってみる方法もアリです。
もちろん自賠責保険の取り扱いもしておりますので患者様の負担は0円!
ございません!

事故にあわれてむち打ちなどでお辛いあなたに
たかぎ接骨院は全力でサポートします!
損害保険会社に
「たかぎ接骨院」に通いたいとお伝えいただきご来院ください。

中村区だけでなく中川区、港区、西区、北区、中区、大治町、あま市、七宝町などからもたくさん来院されています。

powered by crayon(クレヨン)